3次元センサーとタブレットPCでモデルを構築。
面情報の活用により、高精度化・高速化を実現しました。

概要

3次元センサーを接続したタブレットPCで、空間を高精度かつ高速に3次元画像化する技術を開発。従来のように点の集合のみからなるデータを収集するのではなく、面情報を追加することで、3次元画像を容易に構成することが可能となりました。

モバイル端末による3次元モデル再構成技術

技術ポイント

部分的な3次元データを正確につないで空間全体を再構成

3次元センサーを接続したタブレットPCで、比較的広い空間の3次元モデルを再構成。複数の部分的な3次元データを正確につなぎ合わせることで空間全体を再構成します。

部分的な3次元データを正確につないで空間全体を再構成

1秒間に4フレームのデータをつなぐ高速処理を実現

3次元点群とともに、人工構造物における平面を有効利用する独自のアルゴリズムで、1秒間に4フレームのデータをつなぐ高速処理が可能です。

1秒間に4フレームのデータをつなぐ高速処理を実現

構築した3次元モデル上で寸法計測が可能

再構成した3次元モデル上で寸法計測が可能です。オフィス、工場などでの計測作業や設備の搬入・移動の検証作業など、本技術を利用することで、あらゆる作業効率の向上が期待できます。

構築した3次元モデル上で寸法計測が可能

さまざまなアプリケーションへの展開を検討

市販されているさまざまな3Dセンサーに対応し、センサーの種類・台数・配置を、用途に合わせて最適にカスタマイズできるような、柔軟なシステム開発を進めております。

さまざまなアプリケーションへの展開を検討

ビジネス広告大賞2部門で金賞・銅賞を受賞

見開き広告部門 銅賞

第54回ビジネス広告大賞 変形広告部門において金賞、見開き広告部門において銅賞を受賞しました。

<受賞広告>
変形広告部門 金賞
3次元モデル再構成技術(成功事例編)
見開き広告部門 銅賞
3次元モデル再構成技術(失敗事例編)(PDF:548KB)PDFが開きます

SDGsへの取組

  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを

SDGsとは?