このページの本文へ

ここから本文

研究開発


04

知識処理

人の複雑な意図や行動を理解して、
スピーディな意思決定を支援。

知識処理とは

人の常識や経験、感覚などの情報を体系化し、機械が人を理解することを可能にする、また逆に人が機械を理解できる、それが知識処理です。
我々は誰かに何かを頼まれたり、共同で作業を行ったりするときに、相手の意図を理解するために相手と交わす言葉や所作を手がかりとするだけではなく、人の常識や経験などから不足する情報を補っています。

知識処理では、機械と人がお互いを理解するために「事象Aが起きたら、事象Bが成立する」などのルールの集合によって人の常識や経験を体系化します。対話などで得られる人の意図の情報と、体系化された知識を有機的に結びつけることで、機械と人がお互いを理解することが可能になります。

三菱電機の強み

知識処理の演算量を削減し、
人の曖昧な表現をエッジ機器が理解。

人は、相手が理解してくれるだろうと期待して、自分の意図を省略して表現してしまいがちです。例えば、発話内容に述語や目的語が欠落することなどがよくあります。しかし機械の場合、これでは人間の意図を正しく理解できません。

そこで、三菱電機では人の常識や経験、センシング情報、機器情報などのさまざまな情報を知識グラフと呼ばれるエンティティとリレーションの集合で状況に応じて柔軟に表現し、不足している述語や目的語を機械学習で自動的に補う知識処理技術を開発しました。

さらに状況に応じて必要なエンティティのみを選択することで、知識処理の演算量を従来の約1/3~1/10に削減する技術を開発。これによりエッジ機器単体で、知識グラフを活用して不足する情報を自動補完し、ユーザーの曖昧な表現を素早く理解し、人の意思決定を支援します。

知識の表現形式
従来に比べて演繹的推論の際の演算量を1/3〜1/10に削減