ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更

注目のトレンドをあなたに、
FAデジタルメディア

テクノロジーテクノロジー

三菱電機のFA技術や、ビジネスに役立つ各種レポート・コラムをご紹介します。

FA業界コラム ~識者の視点~
成果が見えるIoT導入 西雪弘氏

2021年5月公開【全3回】

要旨

 現代の国内外の社会情勢やFA業界動向から、製造業の “いま” を読み解く、「FA業界コラム ~識者の視点~」。製品開発などFA業界に深く携わってきた当社社員が、皆様のビジネスに役立つ、新たな気づきにつながるヒントをお伝えします。

 今回は、当社FAソリューションシステム部 部長の西雪弘が “成果が見えるIoT導入” をテーマに全3回にわたりお話しします。

 IoTをどのように活用するかは、同じ製造業でも現場によって多種多様です。しかし多くの現場で共通する課題解決につながるユースケースとして、「工具摩耗診断」、「可視化」、「予知保全」があります。今回はそれぞれのユースケースについて、IoT導入による具体的な効果などご紹介します。

西雪弘(にしゆき ひろし)

1970年、三重県生まれ。九州工業大学大学院情報工学研究科情報システム専攻修士課程を修了後、 1994年三菱電機入社。名古屋製作所・FAシステム部に所属し、シーケンサのユニット開発に従事。2017年、Mitsubishi Electric Europe B.V.(ドイツ)に出向。FA-European Development Centerに所属し、欧州におけるFAに関する市場動向調査、欧州市場向け開発等に従事。2020年、名古屋製作所に帰任。FAソリューションシステム部に所属し、IoT市場における当社及びパートナ製品によるe-F@ctoryソリューション展開に従事。現在はFAソリューションシステム部 部長を務める。

製品・ソリューション紹介

iQ Monozukuri工作機械工具摩耗診断

iQ Monozukuri工作機械工具摩耗診断

IoTデータ活用により工具運用の最適化や加工不良の自動検出等のコスト削減、品質及びタクトタイム改善を支援。

  • 工具の切れ味を判定し、工具寿命を予測。工具寿命を「残回数」で 確認できるため、誰でも寿命まで工具を使用することが可能。
  • 複雑な加工でも過去のIoTデータを機械学習し、学習結果から加工の出来栄え予測が可能。
  • 様々な加工別に加工時の特徴量から刃折れ・刃欠け・ワーク不良を閾値にて即座に判定し、加工不良を検出。

iQ Monozukuri工作機械工具摩耗診断 導入評価支援サービス

iQ Monozukuri工作機械工具摩耗診断 導入評価支援サービス

「導入したいが費用対効果の算出が難しく、社内稟議が通らない」「データサイエンスツールやAIを導入してみたが、思うような結果が得られない」といった声をよく耳にする。そうしたお客様に対して当社がご用意しているのが「導入評価支援サービス」だ。機材の貸出・設置からデータ分析・分析レポートの提出などお客様の状況に応じて3種類のサービスを提供することで、お客様のIoT導入を強力にサポートする。

これまで掲載された記事はこちらから

「テクノロジー」トップページに戻る

ページトップに戻る