ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更

注目のトレンドをあなたに、
FAデジタルメディア

テクノロジーテクノロジー

三菱電機のFA技術や、ビジネスに役立つ各種レポート・コラムをご紹介します。

特集論文
レーザ加工機へのAI適用と最新加工技術

2021年12月公開 産業メカトロニクス製作所 西脇基晃 山本 響

AI技術、新型発振器、ガス流制御技術を差別化技術の三本柱とした二次元レーザ加工機 GX-FシリーズAI技術、新型発振器、ガス流制御技術を差別化技術の三本柱とした二次元レーザ加工機 GX-Fシリーズ

 省エネルギーや生産性向上の観点から、ファイバレーザ加工機が注目を集めています。一方で、労働人口が減少する中、製造業としても加工作業の省人化と工程の自動化が求められており、周辺システムとの連携でも継続運転と安定加工の維持が重要になります。

 今回はレーザ加工機へのAI適用と最新加工技術を紹介します。

特集論文

「レーザ加工機へのAI適用と最新加工技術」

※本論文に記載の所属は、2021年3月当時の情報です。

製品紹介

レーザ加工機 MELLASER “ML3015GX-Fシリーズ”

レーザ加工機 MELLASER “ML3015GX-Fシリーズ”PCサイトへ

“止まらない加工機” をコンセプトにした新型二次元ファイバレーザ加工機。GX-Fでは高い加工安定性と信頼性、高速加工・低ランニングコスト、省人化と加工の自動化を開発重点項目とし、加工安定性と生産性の向上を実現しました。

これまで掲載された記事はこちらから

「テクノロジー」トップページに戻る

ページトップに戻る