執行役社長 杉山 武史 執行役社長 杉山 武史

新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された皆さまとご家族および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、医療現場をはじめ、治療や感染拡大防止の最前線でご尽力されている皆さまに心より感謝と敬意を表します。

三菱電機グループでは、お客様・取引先をはじめとする関係者の皆さまと従業員・家族の安全・健康を最優先とし、在宅勤務の活用や生産・工事・サービス関連部門でのソーシャルディスタンス確保等、感染防止対策を十分に講じた上で、市民生活の維持に向けた企業としての社会的責任を果たすために必要な事業を継続し、製品の安定供給やサービスの提供、お客様へのご支援等を行っております。

世界経済の先行きは、同感染症が景気に著しい悪影響を及ぼすと考えられます。経済成長率は前年度と比べて大幅に減速することが見込まれ、当社の業績にも大きな影響を与えるものと想定しています。雇用維持を基本としつつ、収束までの期間が長期化する場合にも、業績への影響が極小化できるよう対応してまいります。

一方で、感染防止対策を通して、暮らし、働き方やビジネスのスタイル、コミュニケーションの方法など、世の中の価値観がこれまでとは大きく変わっていくことを想定しています。2020年度は、当社が100周年を迎える節目の年です。新たな価値観を我々自身の働き方にも取入れていくとともに、グループ内外の力を結集し、変化する需要への対応や社会課題解決に全力で取り組んでまいります。

2020年6月

執行役社長

杉山 武史

企業理念

三菱電機グループは、
技術、サービス、創造力の向上を図り、
活力とゆとりある社会の実現に
貢献する。

7つの行動指針

  1. 信頼
    社会・顧客・株主・社員・取引先等との高い信頼関係を確立する。
  2. 品質
    最良の製品・サービス、最高の品質の提供を目指す。
  3. 技術
    研究開発・技術革新を推進し、新しいマーケットを開拓する。
  4. 貢献
    グローバル企業として、地域、社会の発展に貢献する。
  5. 遵法
    全ての企業行動において規範を遵守する。
  6. 環境
    自然を尊び、環境の保全と向上に努める。
  7. 発展
    適正な利益を確保し、企業発展の基盤を構築する。