ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

SW-G50 コンセプト

革新の超低音。 より速く、より深く。そして刻む音階。マグネサーボ・テクノロジーとNCVが低音再生を新たな領域へ。NCV(Nano Carbonized high Velocity)× MST (MagneServo Technology)

入力信号に対する素早いレスポンス。歪のない正確な再現力。深く沈み込んだ低音でありながら明確に感じ取れる音階。これまでの超低音再生の常識を覆す、革新のサブウーファー〈SW-G50〉の誕生です。

DIATONEはSW-G50の開発にあたり量感と同時に低音の音楽表現力も重視し、従来のサブウーファーの設計概念を根底から覆した「マグネサーボ・テクノロジー」を導入しました。これは入力信号に対して振動系の動きをリニアに制御する電磁制動の帯域を全再生周波数帯域まで拡大する技術で、この強力低歪電磁制動を実現するため、破格の大型マグネットによるDIATONE独自の「ADMC構造」の強力な磁気回路を採用しています。

一方で強力な磁気回路で正確にボイスコイルが駆動されても、その動きが振動板を歪ませずに正しく空気振動として伝わらなければ良質な低音は得られません。SW-G50はチタンに匹敵する5,000m/秒以上の伝搬速度と紙同等の内部損失を併せ持つ、軽くて硬い理想の振動板素材「NCV」を採用し、軽量で高剛性な大口径振動板を実現。このマグネサーボ・テクノロジーとNCVの採用により振動板を強力かつ正確に制御し、密閉型エンクロージャー内の強大な空気バネの影響を大幅に減らすことに成功。従来のサブウーファーでは難しかった空気容量10リットルの密閉型小容積スピーカーボックスでの20Hz再生を実現しました。またスピーカーボックスの形状に影響されにくいため、密閉型からフリーエアーまで、エンクロージャーの設計自由度が大幅に向上。かつてない高品位で表現力あふれる超低音を再生します。

ここまで本文です。