ここから本文

三菱の特長
三菱ならではの省エネ

エコキュートをさらに省エネに。三菱ならではのかしこい機能。

かしこいわき上げ制御

わが家のお湯の使い方を学習して、ぴったりのわき上げを自動でおこなってくれます。

  • お湯の使用状況によっては、湯切れしないように昼間も追加でわき上げます。
  • コンパクトエコキュート・エコキュートライトには対応しておりません。

〈かしこいわき上げモード〉

  • 使い始めは、日々のお湯を使う量を学習して最も効率よくお湯を沸かす出荷時設定(初期設定)の「おまかせ」をおすすめします。 頻繁にお湯が足りなくなる場合は「多め」に変更してご使用ください。その場合、効率が低下し、消費電力量が増える場合があります。

1 過去2週間のお湯の使用状況の学習

過去2週間のお湯の使用状況の学習

お湯の平均使用量(過去2週間)に基づき夜間にわき上げし、お湯不足が見込まれる際は昼間のわき増し(上記)で対応。夜/ 昼の組み合わせで効率よくわき上げます。

2 集中湯量不足分わき増し

集中湯量不足分わき増し

1日のうちで集中的に使う際のお湯使用量を学習。使用状況に合わせてわき増しします。

※過去2週間の学習した集中湯量が多いときは、残湯量表示が4つ点灯していてもわき増しすることがあります。

3 湯切れ防止わき増し

集中湯量不足分わき増し後に最低貯湯量以下になったら、湯切れ防止のためにわき増しを行います。
「多め」はシャワー約2回分※1「 おまかせ」はシャワー約1回分※2

4 満タンわき増し※3

お湯をたくさん使用するときにオススメ。設定当日( 昼間)は使うたびにわき増しします。

  • ※1約160L(42℃換算)。使用状況により、変動することがあります。
  • ※2約80L(42℃換算)。使用状況により、変動することがあります。
  • ※3夜間時間帯になると自動的に解除されます。また昼間電力でわき上げるため、電気料金は割高になります。

アシスト湯はり&ヒートポンプ保温

[ふろ自動]ボタンを押すだけで、おまかせ省エネ運転。

アシスト湯はり※4

アシスト湯はり

貯湯ユニット内のお湯とヒートポンプユニットでわき上げたお湯と水道からの水を混合させて湯はりをすることで、約2%※5(冬期給湯保温モード効率にて)改善。

ヒートポンプ保温※4

ヒートポンプ保温

ヒートポンプユニットでわき上げたお湯とぬるくなった浴槽のお湯を熱交換することで、約8%※6※7(冬期給湯保温モード効率にて)改善。

  • ※4湯切れの心配がある場合に「アシスト湯はり」や「ヒートポンプ保温」を行います。
  • ※5家庭用ヒートポンプ給湯機JIS C 9220負荷条件による。冬期給湯保温モード測定条件:外気温(乾球/球)7℃/6℃、給水温度9℃ 冬期給湯保温モードにおける湯はり(給湯温度40℃、流量15L/min、給湯量180L)を通常湯はりで行った場合と、アシスト湯はりで行った場合との比較。
  • ※6家庭用ヒートポンプ給湯機JIS C 9220負荷条件による。冬期給湯保温モード測定条件:外気温(乾球/球)7℃/6℃、給水温度9℃ 冬期給湯保温モードにおける保温(保温熱量4.12MJ/日)をマイルド追いだきで行った場合と、ヒートポンプ保温で行った場合との比較。
  • ※7お湯の使用状況や保温・追いだき動作の回数により、ヒートポンプ保温における改善効果が少なくなる場合があります。
  • SRT‐C20Dには対応しておりません。

節電モード

「快適な節電」をアシスト

2週間の学習データを元に、「おまかせ」(節電モード切)時と比べてわき上げ量を抑えることによって、より省エネになるようにわき上げを行います。

  • 節電モード「切」の時と比較して、湯が不足する場合があります。

節電モードで消費電力量約10%※8削減

〈当社基準(冬期)による測定。「おまかせ」の節電モード切とレベル2の比較。条件により削減効果は変動します。〉

お湯チェック

  • ※8SRT‐W372(フルオート追いだきタイプ)、当社試験設備にて、外気温(乾球/湿球)7℃/6℃、給水温度9℃、給湯温度40℃、ふろ温度40℃、ふろ湯量180L、当社基準による負荷パターン【一般的な使用を想定 平均使用湯量450L、偏差100L、追焚き負荷3.48MJ(0.87MJ×4回)】を与えた場合の、わき上げ設定「おまかせ」において、節電モード切:8.9[kWh/日]、節電モードレベル2:7.9[kWh/日]の比較。条件や機能(追いだき有無)などが異なれば、省エネ効果も異なります。
  • ※9電力削減量の目安は過去2週間のわき上げ消費電力量の実績をもとに、わき上げモード「おまかせ」(節電モード切)と比較した場合の削減量を推測した表示であり、削減実績ではありません。節電モードレベル2に設定している場合は、過去2週間のわき上げ消費電力量の平均値に10%を乗じた値を表示します。電力削減量の目安は環境条件(外気温度や水温)等で変動し、同じ使用湯量でも季節により変わります。
  • コンパクトエコキュートには対応しておりません。

給湯ガイド※10

目標湯量のガイド機能で、わが家でも簡単らくらく管理。

あらかじめ蛇口、シャワーの使用湯量の目標値を設定し、給湯停止時に目標値と実際の使用湯量をリモコンに表示します。また、使用湯量が目標値を超えた場合、リモコンから報知音と音声ガイダンスで通知します。これにより、使用湯量が分かり、節水意識を高めることができます。

  • ※10Pシリーズ・Sシリーズのみ。(コンパクトエコキュート・エコキュートライト除く)

お急ぎ湯はり※11,12,13

時短で毎日お湯はり

通常の湯はりより約25%※14時間短縮された「お急ぎ湯はり」モードを搭載。毎日のことだから、時短で便利さをアップしました。

お急ぎ湯はり

  • [自動湯はり条件]水源水圧300kPa、配管径15A、配管長5m 3曲り、湯はり温度42℃、湯はり量180L、浴槽設置1階の場合。設置後1週間程度は浴槽の形状などを学習するため、湯はり時間が長くなることがあります。
  • ※11Pシリーズ・Sシリーズのみ。
  • ※12コンパクトエコキュート、エコキュートライト除く。
  • ※13スマート機能から設定できます。「お急ぎ」モード設定中は自動たし湯は動作しません。ご使用状況により、湯はりの短縮時間が変わることや、短縮できないこともあります。
  • ※14当社高圧型SRT-S463、通常湯はり約16.6分とお急ぎ湯はり約12.4分との比較。当社ハイパワー給湯タイプSRT-S463U、通常湯はり約15.2分とお急ぎ湯はり約11.0分との比較となります。