ここから本文

 100Gbps光伝送システム

テキスト版

100G トランシーバ

100G トランシーバ 機能概要

100Gトランシーバ[1]は、2013年2月より商用開始した、100G-DWDM用のトランシーバモジュールです。100Gトランシーバは、高速信号処理する光送信部、受光部、及び、デジタルコヒーレントLSI(DSP-LSI)、MDIO/MDC管理インタフェースを持つモジュール制御部、そして+12VDCの給電部で構成されます。100Gトランシーバは、OIFに準拠した製品です。

[1]ニュースリリース:「100Gbps光伝送技術」開発のお知らせ

主要諸元

OIF準拠トランシーバの小型化、低消費電力化した製品(第二世代)を現在開発しております。主要諸元を以下に示します。なお、仕様は予告なく変更されることがあります。詳しくは、当社までお問い合わせください。

項番 項目 仕様
1 動作インタフェース 168pins、OIF-MSA準拠
2 波長 C帯、L帯、50GHz間隔フルチューナブル
3 変調方式 DP-QPSK
4 動作温度 0~70℃
5 サイズ 4" x 5" x 0.75"(101.6mm x 127.0mm x 19.0mm)
6 消費電力 45W以下