ここから本文

オゾン発生装置 “三菱オゾナイザ”

三菱オゾナイザ

三菱電機のオゾン発生装置“オゾナイザ”は、国内外の水環境改善に貢献。高濃度化、消費電力の低減、コンパクト化により、一般工業など様々な分野へも広がりをみせています。
40年以上のオゾンに関する技術の蓄積と、オゾンシステムを構築してきた豊富な実績、安心のサポート体制でお客様のご要望にお応えします。

三菱オゾナイザの特長

高効率
放電間隙の高精度化と短ギャップ化により電力密度が向上。オゾンの発生効率がアップし、消費電力の低減を実現しました。
コンパクト化
オゾナイザ外形がコンパクトになりました。
新型高圧電極管の開発によりオゾン発生器をコンパクト化。また高圧インバータの開発により電源のコンパクト化を実現しました。
高濃度
高濃度のオゾンによる各種反応効率改善が期待できます。
  • 濃度:0g/m3(N)

  • 濃度:150g/m3(N)

  • 濃度:300g/m3(N)

安定供給
特製スペーサにより長期にわたりギャップを高精度に維持。オゾンを安定的に供給できます。
無開放点検
簡易メンテナンスを設計の基本にしています。
長期間の無開放点検での運用が可能です。
システムの豊富な実績
40年以上のオゾンに関する技術の蓄積と、累計1700台以上の豊富な実績があります。
あらゆるニーズに対応
小型から超大型、低濃度から超高濃度まで、あらゆるニーズに対応できる製品開発力があります。