エレベーター・エスカレーター

技術・機能スーパー可変速システム

かごとおもりのバランスを利用し、乗車率に応じて運行速度を連続的にアップします。さらに、かごとおもりのバランスを最適化することにより、乗車率の低い領域も運行速度のアップが可能になりました。長い待ち時間や遅い運行速度に不満を感じる利用者の声にお応えします。

  • 平均速度を最大47%向上
  • 待ち時間を最大22%短縮
  • 乗車時間を最大33%短縮

※スーパー可変速システムを適用しない場合との比較

※1 当社計算値です。ご利用状況、建物の仕様により異なります。 ※2 マンションの場合。

無段階可変速

乗車率に応じて最適な最高速度を提供。乗車時間の短縮や待ち時間の改善を実現します。

加速度の向上

乗車率に応じて加速度を上げるため、走行距離が短い移動でも、乗車時間を短縮します。

かごとおもりのバランス最適化

かごとおもりのバランスの最適化を図ることで、空かごや1人乗りの状態でも高速化を実現します。(積載量1800kg以下のエレベーターのみ)

最高速度のアップ

定格速度60m/minの場合、最高速度を105m/minまでスピードアップします。

乗車率に応じた速度(上昇時)

定格速度 乗車率
0%
50%
100%
45→60
[m/min]
57〜60 60 60〜45 45
60→105
[m/min]
75〜105 105 105〜60 60
90→105
[m/min]
105 105〜90 90
105→120
[m/min]
120 120〜105 105

スーパー可変速システム適用範囲について

定格速度(m/min) 中間負荷時定格速度(m/min) 最小昇降行程(m)
45 60 5
60 105 10
90 105 10
105 120 12

上記の昇降行程未満の場合、スーパー可変速システムの機能を最大限発揮できないことがありますので当社にお問合せください。

ページトップへ戻る