ここから本文

真ん中クリーン朝どれ野菜室

※このページはMR-MX57Dを中心にご説明しています。

野菜をよく使う方には、野菜中心のスタイルが必要と考えました。

三菱冷蔵庫のMXシリーズは、野菜室が真ん中だから見わたしやすく、野菜をラクに出し入れできます。
さらに、整理しやすく、ビタミンCアップ※1、お手入れ簡単※2など、野菜こだわり派に向けた充実の冷蔵庫です。

出し入れ簡単
よく使う野菜室が真ん中!

真ん中だから出し入れしやすい

野菜室が真ん中だから見わたしやすく、
重たい野菜やペットボトルも腰をかがめず、
自然な姿勢でラクに出し入れできます。

食材や氷が取り出しやすく毎日の調理がはかどる!よく使う冷蔵室、冷凍室、製氷室、野菜室が取り出しやすい高さなので、食材や氷の取り出しから調理台までの動作がスムーズ。調理がはかどるレイアウトです。

うるおいたっぷり、使いやすさアップ!

朝収穫したばかりの野菜のように、みずみずしく新鮮に保つ野菜室。
より見やすく、より整理しやすくなりました。

整理しやすい
4つのエリアで、整理しやすく、見つけやすい。

使い忘れやムダを防ぐ!

中物エリア 半玉キャベツ、ブロッコリー、パプリカ、しめじなど 小物エリア ミニトマト、しいたけ、みょうがなど

上段は、段違いの形状で
見やすく整理しやすいので、使い忘れも防ぎます。

野菜室の上段は、浅めと深めの段違いの形状。
小物、中物が見わたしやすく整理しやすいので、使い忘れも防ぎます。

たて野菜エリア アスパラガス、にんじん、きゅうり、ペットボトルなど 大物エリア キャベツ、レタス、白菜、大根など

下段は、大物野菜とたて野菜をたっぷり収納。
まるごとの野菜も余裕で入ります。

下段の奥側には、キャベツ、大根、白菜などの大物野菜をたっぷり収納。手前側は、アスパラ、きゅうり、にんじんなどを立てて収納できるたて野菜エリア。ペットボトルもたっぷり入る。

鮮度長持ち
とれたてのみずみずしさ、長持ち。

おいしいまま、最後まで使い切れる!

野菜室全体のうるおいキープ

真空断熱材に囲まれた構造により、庫内温度を安定させることで、ムダな冷気を抑制し、野菜室全体を保湿。鮮度が長持ちします。

朝どれ野菜室採用前と、真ん中クリーン朝どれ野菜室の比較。*真ん中クリーン朝どれ野菜室(操作パネルで「朝どれ野菜」に設定した場合)と朝どれ野菜室採用前品との比較。当社独自の測定結果で、使用条件により効果は異なります。

ビタミンCアップ ※1
業界初 ※4(国内家庭用冷凍冷蔵庫において)
3色LED※5の光の力で保存している間にビタミンCや糖量がアップ!

健康的な食生活をサポート!ビタミンCが手軽にとれる!

ビタミンCアップ 糖量アップ

光の力で野菜を元気にする仕組み

朝(2時間)青・赤・緑3色点灯 昼(10時間)赤・緑2色点灯 夜(12時間)消灯

青・赤・緑の3つの光LEDで、野菜室内に1日の光の変化のサイクルを作り出し、光合成の仕組みを活用して、野菜の栄養素を増やします。

彩りアップ緑化促進※7で、見た目にもおいしい野菜に。

いつもの野菜料理が色鮮やか!

3つの光で緑化を促進します。

キャベツを野菜室下段奥のLED照射エリアに7日間保存した際のLED照射有無の緑化促進の比較。

朝どれ野菜室OFFと、朝どれ野菜室ONの比較。*葉物野菜など葉緑素を持つ野菜で効果を発揮。全ての野菜に効果が及ぶものではありません。

世界初 ※8(家庭用冷蔵庫において)
ハイブリッドナノコーティング 抗菌※9のクリーントレイで、
清潔・お手入れ簡単※2
お手入れカンタン!

野菜室の底面に「ハイブリッドナノコーティング」を施した抗菌※9の「クリーントレイ」を採用。汚れが付きにくく、付いた汚れも落としやすい。トレイは簡単に取り外せるので、お手入れも簡単※2

取り出しもラク!

ココだけ、見てって!三菱冷蔵庫 真ん中クリーン朝どれ野菜室篇 製品紹介ムービーはこちら

「真ん中クリーン朝どれ野菜室」の三菱冷蔵庫はこちら

MXシリーズ

MR-MX57D

MR-MX50D

関連コンテンツ

三菱電機のおすすめ機能

置けるスマート大容量
氷点下ストッカーD
切れちゃう瞬冷凍
※1 2018年度新商品MR-MX57Dの野菜室LED照射有無によるビタミンC量比較。(試験機関名)一般財団法人 日本食品分析センター 外気温25℃。扉開閉なし。キャベツ1/6カットをラップして野菜室内に3日間保存。初期値を100%としたときのキャベツ中心部のビタミンC変化率(自社換算)。別の野菜に遮られるなど野菜の位置や保存量、種類や投入時の状態により効果は異なります。
※2 お手入れの際は、強くこすったり、アルコール等で拭き取るとコーティングがはがれることがあります。
※3 外気温20℃。扉開閉なし。野菜をラップなしで7日間保存。野菜の種類や保存量、投入時の状態により効果は異なります。
※4 日光の1日のサイクルに合わせて、光合成する野菜の特性を活かし、保存中の野菜に3色LEDの光を効果的に照射することで、ビタミンC生成を促す野菜室。2016年8月25日発売(当社調べ)。
※5 「真ん中クリーン朝どれ野菜室」のLEDは、ドアが閉まっているときのみ点灯します。
※6 2018年度新商品MR-MX57Dの野菜室LED照射有無による糖量(グルコース)比較。(試験機関名)一般財団法人 日本食品分析センター 外気温25℃。扉開閉なし。レタス1/4カットをラップして野菜室内に3日間保存。初期値を100%としたときのレタスの糖量変化率(自社換算)照射あり109%、照射なし98%。別の野菜に遮られるなど野菜の位置や保存量、種類や投入時の状態により効果は異なります。
※7 当社独自の測定結果で、野菜の種類や保存量、投入時の状態により効果は異なります。
※8 ハイブリッドナノコーティングを施したトレイを採用。2017年8月30日発売予定(当社調べ)。
※9 (試験機関名)一般財団法人 カケンテストセンター (試験方法)JIS Z 2801 (抗菌方式)トレイ表面コート剤に配合した抗菌剤 (対象部分の名称)クリーントレイ (結果)99.9%の抗菌効果。