ここから本文

非常用照明器具・LED誘導灯 LED非常用照明器具

LED非常用照明器具

「オールLED化」実現に向けて
非常用光源にLEDを使用した非常用照明器具

LED非常用照明器具

電池内蔵形

■LED専用形 リモコン自己点検機能タイプ(平常時消灯・非常時LED点灯)

LED専用形

従来ミニハロゲン電球器具からのリニューアルに。
コンパクトな形状で様々な場所に設置可能。
新たにリモコン自己点検機能タイプが登場。従来品に比べバッテリー容量の定期点検の負担を大幅に軽減。 リモコンのボタンを押すだけで「自己点検」が行えます。
器具本体のサイズダウンと併せ操作性・施工性を改善。

自己点検

100~242Vまでの電圧対応が可能

LED専用形(ミニハロゲン相当)で定格電圧100~242Vを実現。
200Vリニューアルで兼用形(蛍光灯)から専用形への変更が容易に行えます。

コンパクトサイズ

LED専用形は直付形の従来ミニハロゲン器具と比べ、直径は約30~35%、埋込形はモデルチェンジでさらにコンパクト化を実現。 取付バネを採用し、天井への取付がワンタッチで行えます。

LED非常用照明器具

省エネに加えメンテナンス費用の低減で経済的

LED非常用照明器具

従来に比べ消費電力を約35%削減。さらに従来ミニハロゲン形に比べて初期費用からお得。電池容量の低減により、交換用蓄電池がコンパクトになってランニングコストもダウンします。

LED非常用照明器具について

JIL5501(一般社団法人 日本照明工業会 非常用照明器具技術基準)に、下記内容が組み込まれています。

LED非常用照明器具 基準動向

<基準概要>
●照明器具の外郭を不燃材で覆う構造とする。
●誤使用防止のため、使用者が容易にランプ交換できない構造とすること。

ページトップに戻る

■LED専用形(平常時消灯・非常時LED点灯)
防雨・防湿形/クリーンルーム向け/HACCP向け

器具写真

防雨・防湿形
雨の吹き込みやすい軒下や廊下、蒸気のこもりやすい厨房などに。枠とパッキンで水の侵入を防止します。

器具写真

クリーンルーム向け
常に清潔さを維持する必要のある空間に。気密性が高く、ほこりの付着を最小限に抑える構造です。 推奨ISO清浄度クラス6~8、FS209D清浄度クラス1,000~100,000

写真

HACCP向け(食品工場向け)
食品工場など衛生管理が求められる空間に適したHACCP対応LED非常用照明器具です
【HACCPとは】
工程ごとにHA(危害分析)を行い、危害を防止するCCP(重要管理点)を定め危害の発生を未然に防ぐシステムです。 我が国でも食品業界において、多く導入されています。

ページトップに戻る

■LEDライトユニット形ベースライト「Myシリーズ」
(平常時LEDライトユニット点灯・非常時本体組込LED点灯)

LEDライトユニット形ベースライト「Myシリーズ」

すっきりとした光源イメージと、従来蛍光灯器具同様の取付ピッチで施工もスムーズ。
省電力タイプは179.7lm/Wの高効率でランニングコストを大幅に削減。
※40形明るさタイプ5,200lm 省電力タイプ 昼白色 直付形 逆富士タイプ150幅、230幅、トラフタイプ

埃やすす汚れを防ぐ「ハイブリッドナノコーティング」ライトユニット

ハイブリッドナノコーティング

「ハイブリッドナノコーティング」採用
割れにくいポリカーボネート樹脂製ライトユニットの表面に、三菱独自の防汚技術を施したコーティングを採用。汚れが付着しにくくメンテナンスの手間を軽減します。

「ハイブリッッドナノコーティング」とは
従来は両立が困難だった親水性(埃など)と疎水性(カーボン、タバコなど)のどちらの汚れ防止にも効果があるコーティングです。

段調光機能でさらに節電が可能

固定出力(AHTN)器具は、壁スイッチON/OFF操作で明るさを100%⇔70%に簡単に切替えが可能です。

段調光機能

デジタルインターフェースに対応。オプションで無線調光システムの導入が可能に

調光信号線不要のらくらく施工。昼光利用やスケジュール機能で、さらに省エネ。快適に。
※無線調光機能をご利用になるには別途コントローラの設置工事が必要です。

オプションで無線調光システムの導入が可能に

従来非常用蛍光灯器具と比較して初期費用+ランニングコストがダウン

LED非常用照明器具

リニューアルに適した器具サイズと取付ピッチ

従来蛍光灯器具、Myシリーズ(屋内用一般形)と同サイズの器具本体※1をご用意。中央配置の電源穴(直付形)と標準的な800mm、600mm※2の取付ピッチ(40形)により施工もスムーズです。

LED非常用照明器具

※1:笠付タイプは反射笠の形状がMyシリーズ一般形とは異なります。
※2:取付ピッチ600㎜の使用可否については組合せ形名の納入仕様書をご確認ください。

常用照明器具(一般形)と非常用照明器具のサイズ比較

※直付形 逆富士タイプ150幅(40形)の場合。

サイズ比較

ページトップに戻る

■階段通路誘導灯兼用形 人感センサ付
(平常時LEDライトユニット点灯・非常時本体組込LED点灯)

階段通路誘導灯兼用形人感センサ付

●人感センサ付 段調光タイプ
●人感センサなしタイプ
●人感センサ付 ON/OFFタイプ(※階段通路誘導灯には適合しません)の3タイプをラインアップ。
平常時の光源はMyシリーズ屋内用(一般用)ライトユニットを使用し、豊富な明るさバリエーションと光色でさまざまな空間に対応します。
リモコン自己点検機能付きでバッテリー容量の定期点検の負担を大幅に軽減します。

2つのセンサタイプ

写真

テナントビル、病院など不特定多数の人が利用する階段におすすめです。

写真

工場・オフィスなど関係者のみが利用する避難専用階段におすすめです。(階段通路誘導灯には適合しません)

画像の説明

センサ動作の切り替えが可能で、不在時の明るさ(調光率)や点灯時間の長さ(保持時間)を設定できます。
センサなしタイプは明るさ70%の段調光機能が使用できます。

電波形人感センサ採用ですばやく点灯

電波形人感センサ

電波形人感センサの動作原理
電波形人感センサはマイクロ波(24GHz帯)を放射するドップラーモジュールにより、移動体(人や物)を検知します。
移動体に当たった反射波は、移動体の移動速度に比例した周波数変化が生じます。この現象をドップラー効果といいます。
ドップラーモジュールは、この放射波と反射波の周波数の差を利用して、人の移動やドアの開閉などを検知します。

詳細はこちら

ページトップに戻る

■直管LEDランプ搭載ベースライト「Lファインecoシリーズ」
(平常時・非常時共LED点灯)

直管LEDランプ搭載ベースライト「Lファインecoシリーズ」

ベーシックな直付・埋込形から階段通路誘導灯兼用形まで。
従来蛍光灯器具と同様の形状で違和感なく設置できます。
LDL20タイプもラインアップ。

従来非常用蛍光灯器具と比較して省エネ

従来非常用蛍光灯器具と比較して省エネ

非常用の直管LEDランプが、平常時・非常時ともに点灯

LED非常用照明器具

LED非常用照明器具について

JIL5501(一般社団法人 日本照明工業会 非常用照明器具技術基準)に、下記内容が組み込まれています。

LED非常用照明器具 基準動向

<基準概要>
●照明器具の外郭を不燃材で覆う構造とする。
●誤使用防止のため、使用者が容易にランプ交換できない構造とすること。
※当社直管LEDはガラス管使用のため、ランプを露出して使用する場合でも、不燃材料として適合となります。
※取り外しできない構造に関しては、誤使用防止のため、右のように対応しています。

ページトップに戻る

誘導灯・非常用照明器具の蓄電池の寿命

蓄電池の寿命は4~6年。定期的なバッテリーの点検が不可欠です。

バッテリーには寿命があります。点検時に規定の時間、非常点灯しないバッテリーは速やかに交換してください。

非常用照明器具の適正交換時期

非常用照明は法令に基づき、災害などの非常時に備えて確実に避難誘導ができる機能が維持されなければなりません。
器具本体は8~10年が交換の目安です。10年を過ぎた器具は外観だけでは判断できない器具の劣化が進んでいます。
安全面からも早めに交換をご検討ください。

LED非常用照明器具

適正交換時期を過ぎた器具は、万一の劣化によるトラブルを考慮して早めの点検交換をおすすめします。

LED非常用照明器具

蓄電池の交換について(交換の目安:4~6年後)
蓄電池には寿命があります。
点検時に規定の時間、非常点灯しない蓄電池はすみやかに交換してください。

ページトップに戻る

電源別置形

■電源別置形 LED専用形
(平常時消灯・非常時LED点灯)

建設省告示の改正により、電源別置形非常用照明器具もLED化が可能になりました。
非常灯の設置台数が多い大規模施設におすすめです。

LED非常灯

天井高さや用途に合わせた豊富なラインアップ。
埋込形φ100、直付形は天井高に合わせた5機種をご用意しました。

天井高の目安

・低天井用(~3m)…従来ハロゲン45形、白熱電球100形器具相当
・中天井用(~6m)…従来ハロゲン75形器具相当
・中天井用(~8m)…従来ハロゲン75形器具相当
・高天井用(~10m)…従来ハロゲン75形器具相当
・特高天井用(~16m)…従来ハロゲン75形器具相当

従来ハロゲン器具と比べ消費電力を大幅に削減

消費電力グラフ

消費電力を削減することで、施設側で準備する別置蓄電池の容量が大幅に削減できます。
低天井用(~3m)の場合、ハロゲン75形器具と比べ消費電力92%削減。蓄電池容量を約1/12にする事が可能。
高天井用(~10m)の場合は、ハロゲン75形器具と比べ消費電力88%削減。蓄電池容量を約1/8にできます。

電源別置形について

配線図

点灯に必要な電源は、別置きの蓄電池設備等から供給されます。非常灯の定期検査の際に器具1台ごとに蓄電池異常の点検モニタを確認する必要がなく、蓄電池設備から一括で照度の検査が可能になります。また、バッテリー交換の際も同様に蓄電池設備を一括で交換ができるため、メンテナンスの効率化が図れます。

ページトップに戻る

納入事例

非常用照明器具・LED誘導灯の納入事例一覧