企業情報新卒採用

印刷用ページへ

MITSUBISHI ELECTRIC RECRUITING 2019 理想と、競おう。

事務系 2013年入社 総合政策学部 毛利拓史 鎌倉製作所営業部 営業事務系 2013年入社 総合政策学部 毛利拓史 鎌倉製作所営業部 営業

事務系 2013年入社

総合政策学部

毛利拓史

鎌倉製作所
営業部
営業

※記事、所属・役職及び写真は取材当時のものです。

部活動を最後までやりきった経験が、
仕事でも、私の力になっています。

秋季採用制度を利用した理由は?

大学ではサッカーを優先した日々で、大学4年生の12月まで、部活動に打ち込んでいました。チームでは、学生監督兼コーチを任されていたこともあり、責任をもってチームを最後まで率いていきたいという想いが強く、就職活動を一年遅らせる決断をしました。社会に影響力のあるビジネスに携わりたいという想いから三菱電機を志望。早く社会に出て両親に恩返しをしたいという想いから、秋季入社を決意しました。最後まで責任をもって部活動をやりきった経験は、現在の仕事にも活きており、この経験を評価してもらえたことが嬉しかったです。

秋季採用制度のいいところは?

就職活動を一年遅らせたもう一つの理由は、語学留学。大学では、部活動に集中していたため、高校時代から志望していた語学留学の機会がありませんでした。しかし、将来グローバルに活躍するためには、語学留学の経験が必須だと思い、入社するまでの半年という時間を活用し、アメリカへの語学留学を決意。自分の意見を伝えることの重要性や多様な価値観を学びました。社会人になってからでは、なかなか得られない経験への挑戦を後押ししてくれるのがこの秋季採用制度。他の学生よりも長い学生時代とはなりましたが、やりたかったことに貪欲に挑戦でき、悔いは残っていません。そしてこの経験は必ず、社会人になってからの力になると思っています。


いま、どんな仕事をしている?

鎌倉製作所で、官公庁向け製品の営業を担当しています。見積作成から契約商議、契約締結後には工事工程の管理や製品の納入まで、担当製品の業務全般に幅広く携わっています。担当している製品は、取引規模の大きなものが多く、さらに関係者も多いため、とりまとめていくのが困難な場面もありますが、責任の重大さと共にやりがいを感じています。また、担当製品の市場は、海外との接点があり、秋季入社だからできた学生時代の留学経験が活きてくると考えています。これからも主体的に動き、製品に自分だからこその付加価値をつけ、さらなるお客様の満足度向上に貢献していきたいです。

Career Profile

2013年
入社。鎌倉製作所 営業部 配属。

ページトップへ戻る