デザイン

気軽に炊飯を楽しむアプリ「らく楽炊飯アプリ」

概要

気軽に炊飯を楽しむアプリ「らく楽炊飯™アプリ」

らく楽炊飯アプリは、炊飯を気軽に楽しむためのアプリです。主婦や高齢者、視覚障がい者といった幅広いユーザーに対して、使い続けることで自分や家族のお米の好みを発見し、毎日の食事に豊かさを感じてほしいという思いで開発しました。アプリで炊き分けや予約の設定を行った後、炊飯器にスマホをかざすと設定内容の通りに炊飯することができます。さらに、様々な炊き方にチャレンジしてみたくなるような仕掛けを散りばめることで、長く使ってもらえるアプリを目指しました。
また、スマホの普及が進んでいる視覚障がい者に対し、今まで困難だった炊飯器の全機能操作を実現するため、普段のスマホの操作方法を調査し、開発しました。


デザインのポイント

気軽に炊飯を楽しむアプリ「らく楽炊飯™アプリ」

このアプリは、炊飯に関わる生活シーンでユーザーと自然な接点を持つアプリという位置づけを目指しました。レシピを見て献立を考える、炊飯終了に通知で気づく、履歴を見て昨日のご飯と味を比べる、といったユーザーの行動を思い描きながらアプリならではの機能を考え、炊飯を自然と楽しむ工夫を取り入れています。
また、健常者・視覚障がい者の両者にとって簡単で使いやすいアプリを目指すため、音声ナビや音声入力に注力し、視覚障がい者にとって一般的な使い方に沿うように操作方法を定義しました。

デザイナーの一言

デザイン研究所 田代 彩花
デザイン研究所
田代 彩花

この開発では、「視覚障がい者は、画面のどこを手掛かりにどのような操作をするか?」「音声入力をした場合、どのような返しが適切か?」など、考えることが山ほどありました。しかし、エンジニアの方々や先輩デザイナーたちと協力し、何十という試作品によって操作方法を逐一確かめることで乗り越えることができました。チームでものづくりをする重要さや、頭の中ではなく実際に作り、動かして使いやすさを検証するというプロセスの大切さを、この開発で学ぶことが出来たと考えます。

  • 「らく楽炊飯」は三菱電機株式会社の商標です。

このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報