三菱ジャー炊飯器

特長

超音波吸水

ごく・可変超音波吸水

吸水工程では、超音波振動で吸水を促し、浸け置きなしでもしっかり吸水させます。
さらに、沸騰工程にも超音波振動を入れることで、ごはんをより甘く炊き上げられるようになりました。
超音波振動で吸水を促し、研いですぐ炊いても、ふっくら炊けます。
「ふつう・やわらか」の場合は強めの超音波で、「かため」の場合は弱めの超音波で吸水を調整します。
お米のうまみを引き出すから、冷めてもおいしい。
お弁当やおにぎり、お寿司などにもぴったり。

2018年度製NJ-VX109とNJ-VXC10での3合炊飯時(白米 芳潤炊き)の比較。白米100g中の甘み成分(果糖・ブドウ糖・ショ糖・麦芽糖)の合計値:VX109(0.065g)、VXC10(0.069g)。分析依頼元:一般財団法人食品分析開発センターSUNATEC 成績書No:210311581-002-01、210311581-001-01

日本機械学会賞(技術)は、
◎独創性、新規性
◎品質または性能の相対的優秀性
◎経済および社会への貢献
◎機械工学、工業の関連性
◎波及効果または実績等
を総合評価する、日本で最も権威と歴史のある賞です。三菱IHジャー炊飯器の「超音波吸水」は、ごはんのおいしさを超音波技術で大幅に進化させ、市場から高い評価を得たことが認められました(平成17年度受賞)。

スペシャルコンテンツ

ページトップに戻る