このページの本文へ

ここから本文

本ページは、「消費生活用製品安全法」に基づき、弊社製品に係る事故報告のうち、以下の情報を公表するものです。
  • 「ガス機器・石油機器に関する事故」
  • 「ガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故」
  • 「ガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故」
  • 「ガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品に起因して生じた事故かどうか不明であると判断した事故」
掲載されている情報は、速報段階のものであり、今後の追加情報、事故調査進展等により変更があります。
重大製品事故とは消費生活用製品安全法に規定された下記の事故です。
  1. 死亡事故
  2. 重傷病事故(治療に要する期間が30日以上の負傷・疾病)または後遺障害事故
  3. 一酸化炭素中毒
  4. 火災(消防が確認したもの)
20ページ中2ページ目を表示 戻る  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | … 次へ
事故
発生日
製品名
【機種・型式】
製品事故に関する情報
2023年
9月23日
光回線終端装置
(パソコン周辺機器)
【AS-1000GN-1G】
発生
場所
愛知県
事故
概要
事務所で当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。
当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
関連
情報
---
2023年
8月1日
除湿機
【MJ−Z70EX】
(製造事業者 三菱電機ホーム機器株式会社)
発生
場所
東京都
事故
概要
当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
関連
情報
---
2023年
7月20日
エアコン(室外機)
【MSE-1832R】
発生
場所
兵庫県
事故
概要
当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。
調査の結果、当該製品は、長期使用(38年)により、圧縮機用フィルムコンデンサーが異常発熱して出火したものと推定されるが、焼損が著しく、原因の特定には至らなかった。
関連
情報
令和5年8月4日にガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故として公表していたもの
2023年
7月2日
エアコン(室外機)
【MUZ-EM63E4S】
発生
場所
福岡県
事故
概要
当該製品を取り外していたところ、当該製品が破裂し、手首を負傷した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
関連
情報
製造から15年以上経過した製品
2023年
5月12日
パワーコンディショナ
(太陽光発電システム用)
【PV-PN40G】
発生
場所
千葉県
事故
概要
当該製品を使用中、当該製品から発煙する火災が発生した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
関連
情報
---
2023年
4月20日
電気温水器
【GRE-3711】
発生
場所
東京都
事故
概要
事故の内容:当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。
事故原因:当該製品は、長期使用(約40年)により、発熱体ヒーターにつながる電磁接触器内のリレー接点が摩耗していたため、接触不良により異常発熱が生じて、出火に至ったものと推定される。
再発防止策:引き続き同様の事故発生について注視していくとともに、必要に応じて対応を行うこととする。
関連
情報
製造から35年以上経過した製品
2023年
3月3日
エアコン
【MFH-2202S】
発生
場所
埼玉県
事故
概要
当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。
調査の結果、当該製品は、長期使用(40年)により、ヒーター配線の被覆が劣化し絶縁が低下、本体内の金属部分等と短絡し、出火したものと推定される。
関連
情報
令和5年3月22日にガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故として公表していたもの
2023年
1月4日
電気冷蔵庫
【MR-J42D】
発生
場所
東京都
事故
概要
事故内容:事務室で異音がしたため確認すると、当該製品を焼損する火災が発生していた。
事故原因:当該製品は、機械室内部にある圧縮機の端子部付近で、内部配線が半断線し、異常発熱したことで焼損したものと推定されるが、半断線が生じた原因の特定には至らなかった。
再発防止策:引き続き同様の事故発生について注視していくとともに、必要に応じて対応を行うこととする。
関連
情報
---
2022年
12月13日
電気給湯機
(ヒートポンプ式)
【SRT-HPU45A1】
発生
場所
滋賀県
事故
概要
事故の内容:異臭がしたため確認すると、当該製品を焼損し、周辺を汚損する火災が発生していた。
事故原因:当該製品は、コントロール基板付近で異常発熱して出火したものと推定されるが、コントロール基板上の部品からの発火を想定した試験において焼損状態が再現しなかったことから、異常発熱した原因の特定には至らなかった。
再発防止策:引き続き同様の事故発生について注視していくとともに、必要に応じて対応を行うこととする。
関連
情報
令和4年12月27日にガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故として公表していたもの
2022年
11月25日
IH調理器
【CS-G3205BDSW】
(製造事業者 三菱電機ホーム機器株式会社)
発生
場所
神奈川県
事故
概要
公共施設で当該製品を汚損する火災が発生した。調査の結果、
当該製品は、天板の吸気口から油煙、ほこり等が内部に吸い込まれて電源基板に付着したため、基板上で絶縁性能が低下してトラッキング現象が生じ、発煙したものと推定されるが、事故発生以前の詳細な使用状況が不明なことから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連
情報
---
20ページ中2ページ目を表示 戻る  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | … 次へ