このページの本文へ

ここから本文

交通システム

製品情報

運行システム

ICTの活用で、来るべき新しい輸送のカタチに挑戦します。

車両運用・列車運用・運転制御の最適化により、
鉄道の安全・安定輸送の確保に貢献。
さらに車両・地上間の連携による緻密な運行制御により、
鉄道システム全体のエネルギー最適化も実現します。

列車の運行を集中的に
監視・制御

運行管理システム

列車の運行を集中的に監視制御します。視認性・操作性に優れたユーザインタフェースにより、
運行状況の的確な把握と迅速・確実な指令業務を実現します。また、運行計画の作成を多彩な機能で支援します。

運行表示画面

運転整理画面

ダイヤ作成画面

乗務員運用計画画面

旅客案内システム

列車の出発/到着案内や沿線情報、広告などを液晶パネルに表示。
動画や静止画、文字情報を自由に組み合わせることが可能です。

旅客案内(LCD)

旅客案内(フルカラーLED)

無線による車上・地上間の双方向伝送で列車を制御

無線式列車制御システム(ATACS※1/CBTC※2

列車自らが位置を検知し、無線を使って車上・地上間で双方向伝送を行うことにより列車を制御するシステム。
信号機が不要となるなど地上設備のスリム化が可能なほか、高性能な無線技術を活用した地上と車上間の連携により、
高密度運転、自動運転、省エネルギー運転に対応します。

※1 JR東日本殿が開発した信号保安システム:
Advanced Train Administration and Communications System

※2 Communication - Based Train Control System

地上装置

無線によって各列車の位置情報・制御情報をやり取りし、列車間隔、速度、進路等を制御します。
フェールセーフプロセッサの活用により、高い安全性を確保しています。

制御端末

電子連動装置

地上制御装置

無線装置

無線LAN帯あるいは列車無線帯等を用いた列車制御専用の無線装置をラインアップ。安定した通信品質を確保しています。

無線車上局

無線基地局

車上装置

自列車の位置情報を地上制御装置へ無線で通知しながら、列車間隔に関わる制御情報を取得、制限速度内でATOによる自動運転を行います。

車上制御装置

自動運転装置(ATO)