このページの本文へ

ここから本文

交通システム

製品情報

車両システム

三菱電機は「走る」「止まる」「制御する」「快適にする」を
1社で実現するシステムインテグレーターです。

車両の頭脳ともいうべき列車統合管理装置(TCMS)を核とし、
車両システムの全体最適化制御を実現。
地上と連携した車両監視データの収集・活用システム基盤の構築により
CBM※1にも対応します。

※1 CBM: Condition Based Maintenance(状態監視保全)

車両システムの全体最適化制御を管理

列車統合管理装置(TCMS)

Train Control and Monitoring System

高速、大容量化を実現する
国際基準のイーサネット伝送を実施。
地車間通信機能を実現

安全安定に車両を動かす

推進制御装置・電源装置

時代をリードするインバータ制御による推進制御装置と電源装置。実績豊富な交流電動機、駆動装置とともに最先端の技術で安心の走りを支えます。

フルSiC※2
VVVFインバータ

次世代素子SiCを用いて、消費電力40%減、体積・質量40%減を実現

※2 Silicon Carbide(炭化ケイ素:炭素とケイ素の化合物)

SiC補助電源

スイッチング周波数の最適化により電力損失30%減、体積・質量20%減

鉄道車両用ハイブリット
SiCモジュール

鉄道車両機器のさらなる高効率化、小型・軽量化に貢献 [1700V 1200A]

主電動機

主電動機損失40%減、低騒音化、清掃レスとカートリッジ式軸受で保守時間1/4を実現

ギアユニット

円筒コロ軸受けや垂直吊り方式で保守も組み立ても容易。駆動システム総合試験装置により開発検証し信頼性を確保

低騒音型WNカップリング

最適歯形設計により、信頼性を確保するとともに惰行時も低騒音化を実現

安全確実に止める/自動制御する

ブレーキ制御装置・保安・自動運転装置

過去90年を超える歴史が息づくブレーキ装置製造や確かなフェールセーフ技術、自動運転技術により列車の安全運行を支えます。

ブレーキ制御装置

電制/空制部一体化構造により、体積・質量を従来比80%減を実現

統合型保安装置

ATS※3/ATC※4/無線式列車制御システム等、複数の信号システムに対応

※3 Automatic Train Stop

※4 Automatic Train Control

自動運転装置 ATO※5

学習機能による乗り心地や停止精度の向上、ラッシュ予測制御等による省エネルギー運転を実現

※5 Automatic Train Operation

速度センサー

半導体素子やミリ波を用い、極低速度や空転滑走を検出

利便性・快適、安心空間を提供

サービス・セキュリティー機器

人と環境に配慮した空調制御、最新の情報技術を結集した映像表示装置で旅客サービスの向上に貢献。車内セキュリティーの強化にも対応します。

空気調和装置

マルチ温度センサーにより車内環境を快適体感温度へと制御可能

ラインデリア

車内の幅広いエリアに空気を送風することで空調効率の向上に貢献

車両用表示器(フルカラーLED)

687億色以上の表示能力と多言語に対応、表示データの作成も容易

トレインビジョン

高精細動画、アニメーション表示による広告価値の拡大、消費電力22%減

監視カメラ

高解像度カメラで隅々まで監視・記録し、車内犯罪を抑止。運転台ライブ表示など機能拡張可能

新幹線

新幹線の走りを支える

主変圧器・主変換装置・空気調和装置

「Shinkansen」は今や世界の共通語。
その走りを支えるのが三菱電機の主変圧器と主変換装置です。
新幹線開発という極限の性能が求められる領域で培った高い技術が評価を受け、
今では在来線やLRV※6などの交流車両にも採用。
快適な空間をつくる空気調和装置とともに世界に活躍の場を広げています。

※6 Light Rail Vehicle

主変換装置

SiCモジュール適用による小型、高効率化を実現

主変圧器

独自構造の採用により油量を低減し小型軽量化を実現 省メンテナンス化も追求

空気調和装置(新幹線)

圧縮機のインバータ制御による、きめ細かな車内温度制御の実施