ここから本文

バス乾燥・暖房・換気システム

バス乾燥・暖房・換気システムを快適にご利用いただくために・・・

フィルター、グリルに汚れが付くと風量低下や異常音発生の原因になります。定期的に清掃してください。


注意事項
  • 清掃時は必ず付属の取扱説明書の指示に従ってください。
  • 清掃時は必ず付属の取扱説明書の指示に従ってください。
  • お手入れの際は必ず分電盤のブレーカーを切る。
  • 本体各部に直接水やお湯、かび取り剤等をかけない。
  • お手入れの際、製品内部へ指を差し込んだり清掃目的でブラシや針金等を差し込んだりしない。
  • 改造や工具を必要とする分解はしない。
  • お手入れの際は手袋を着用してください。
  • お手入れの際は足元が不安定な状態で作業しないでください。
  • お手入れ後の部品の取付けは確実に行う。

代表例1:V-141BZの場合


お願い
  • お手入れはグリルが冷えてから行ってください。
  • お手入れの際は高所になりますので安定した足場を確保して作業してください。
  • お手入れに下記の溶剤を使用しないでください。シンナー、アルコール、ベンジン、ガソリン、灯油、スプレー、アルカリ洗剤、化学ぞうきんの薬剤、クレンザー 等けんま材入りの洗剤(変質したり、塗装がはげたりする原因となります)
  • 異常な振動・騒音が発生した場合、お手入れ時に本体取付ネジ等の著しいサビや本体のプラスチックにヒビ等が認められた場合は点検(有償)が必要な場合がありますので「三菱電機 ご相談窓口・修理窓口」へご相談ください。ご自分での分解清掃は行わないでください。

グリルの清掃

お手入れ方法
1. フィルター清掃ランプが点灯
  • フィルター清掃ランプは送風機運転時間が約6ヶ月(6ヶ月×30日×24時間=4320時間)に一度(工場出荷時)お知らせします。
2. 運転を停止させる

電源を切る

3. フィルターをはずす

フィルターの取っ手部を持って→の方向へスライドさせてはずす。
※水滴やほこりが落下することがありますので注意してください。

お手入れ方法
4. 清掃する

■フィルター
掃除機でほこりを吸ってください。(6ヶ月に1回程度)汚れがひどい場合は水で軽く洗い流し、日陰で十分乾かす。(1年に1回程度)

お願い
  • 火にあてたり、高温で乾かさないでください。
  • 金属タワシ等で洗わないでください。

■グリル表面
中性洗剤を浸した布でふき、洗剤が残らないよう乾いた布でふき取る。

5. 清掃後、元通りにフィルターを取付ける

フィルターは「カチッ」という感触があるまでしっかり奥に押し込んでください。

お手入れ方法
6. フィルターリセットボタンを3秒以上押す

ランプが消えます。

7. 運転を再開する。

ページトップに戻る

代表例2:V-123BZLの場合

お願い
  • お手入れはグリルが冷えてから行ってください。
  • 送風機部分の汚れが著しく、異常な振動・騒音が発生した場合は、お近くの「三菱電機 修理窓口・ご相談窓口」へご相談ください。ご自分での分解清掃は行わないでください。
  • お手入れに下記の溶剤を使用しないでください。シンナー、アルコール、ベンジン、ガソリン、灯油、スプレー、アルカリ洗剤、化学ぞうきんの薬剤、クレンザー等研磨剤入りの洗剤(変質したり、塗装がはげたりする原因となります)

本体グリルとフィルター

お手入れ方法
1. フィルター清掃ランプが点灯
  • フィルター清掃ランプは約6ヶ月に一度(工場出荷時)お知らせします。

2. フィルタースイッチを3秒間押す

ランプが消えます。

お手入れ方法
3. フィルター枠を開く

お願い
  • ●フィルター枠は図のように下に開きます。
    接触しないように注意してください。

A部を押すと(①)フィルター枠が自動的に②まで開きます。

  • 水滴やほこりが落下する可能性がありますので注意してください。

4. フィルターをはずす

フィルターの取っ手部を持ってフィルター枠からはずす。(③)

お手入れ方法
5. 清掃する

■フィルター
掃除機でほこりを吸ってください。(6か月に1回程度)
汚れがひどい場合は水で軽く洗い流し、日陰で十分乾かす。(1年に1回程度)

お願い

  • ●火にあてたり、高温で乾かさないでください。
  • ●金属タワシ等で洗わないでください。

■グリル表面、フィルター枠
中性洗剤を浸した布でふき、洗剤が残らないよう乾いた布でふき取る。

6. 清掃後、元通りにフィルター枠を取付ける

副吸込口グリル

お手入れ方法
1. 副吸込口グリルをはずす

●左図の格子開口部外周の★印位置(商品には表示していません)を左手親指で強く押します。
●左手で押しながら反対側の手掛部に右手人差し指を掛け、右手親指を副吸込口グリル表面にあてがい、つまんだ状態で矢印のように回転させながら下側に引きます。

お手入れ方法
2. 清掃する

副吸込口グリル表面を本体グリルと同様に清掃ください。

3. 清掃後、元通りに取付ける
換気扇のお手入れに戻る

換気扇・換気空清機ロスナイの納入事例

換気扇・換気空清機ロスナイの納入事例一覧