消費生活用製品安全法に基づく事故報告について

テキスト版 のページへ
本ページは、「消費生活用製品安全法」に基づき、弊社製品に係る事故報告(速報)の情報を公表するものです。掲載されている情報は、速報段階のものであり、今後の追加情報、事故調査進展等により変更があります。
重大製品事故とは消費生活用製品安全法に規定された下記の事故です。
1. 死亡事故
2. 重傷病事故(治療に要する期間が30日以上の負傷・疾病)または後遺障害事故
3. 一酸化炭素中毒
4. 火災(消防が確認したもの)
14ページ中7ページ目を表示
戻る … | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | … 次へ
事故発生日 製品名
【機種・型式】
製品事故に関する情報
2012年3月17日電気式浴室換気乾燥暖房機
【UH-2A】
(株式会社INAXブランド)
発生場所 静岡県
事故概要 当該製品の衣類乾燥スイッチを入れたところ、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生
した。事故原因は、調査の結果、施工業者が行った当該製品の電源電線と屋内配線の接続工事が適切でなかったため、電源電線と屋内配線の接続部において接触不良による異常発熱が生じ、出火に至ったものと考えられる。
関連情報 平成18年6月30日から無償点検を実施
2012年2月7日エアコン
【MSH-4025D】
発生場所 埼玉県
事故概要 建物を全焼する火災が発生し、現場に当該製品があった。調査の結果、
○回収調査ができた電装部品はファンモーターのみで、全焼のためその他電装部品は回収できなかった。
○当該製品の電源コードでは設置位置から壁コンセントまで長さが362mmほど不足しているため届かないが、当該製品のコンセントへの接続方法は、電源コードが焼失しているため不明であった。
○回収されたファンモーターはロックしていたが、ベアリングに傷などの異常はなく、また、コイル表面に変色や短絡などの発火した痕跡は認められなかった。
○ファンモーターのリード線口出し部にトラッキングなどの痕跡が認められなかった。
●当該製品は焼損が著しく、唯一回収されたファンモーターに出火の痕跡は認められなかったが、他の電装部品等が焼失等により確認できなかったことから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2012年2月7日電気掃除機
【TC-BD10P】
発生場所 東京都
事故概要 当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。
調査の結果、当該製品のパワーブラシ用モーターのカーボンブラシが寿命により摩耗するとともに、当該モーター周辺にゴミが堆積したため、冷却不足となって温度が上昇し、堆積したゴミの変色、炭化、周辺樹脂の変色、変形が生じたものと考えられる。
関連情報 ---
2011年12月1日電気毛布
【SH-G45R】
(三菱電機株式会社ブランド 製造事業者 日本電熱株式会社)
発生場所 愛知県
事故概要 当該製品を使用中、足に低温火傷を負った。調査の結果、当該製品の温度制御は、ヒーター線内の感熱線と発熱線間のインピーダンス特性(表面温度が高くなると低い温度へ制御、表面温度が低くなると高い温度へ制御する特性)を利用して行うものであるが、このインピーダンスの設定値が変質していたため、表面温度の設定が本来の設定温度よりも高くなったことから、低温火傷を負ったものと考えられるが、ヒーター線のインピーダンスの設定値が変質した原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2011年6月4日電気カーペット
【EM-B200】
(三菱電機株式会社ブランド 製造事業者 日本電熱株式会社)
発生場所 東京都
事故概要 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。調査の結果、当該製品のコントローラー部基板内のリレーの固定接点のカシメが緩んだため、接触抵抗が増加して異常発熱し、固定接点端子の保持部の樹脂が徐々に劣化したことで固定接点端子と可動接触片端子間で絶縁劣化が生じて出火に至ったものと推定されるが、固定接点の一部が未回収なことから、固定接点のカシメが緩んだ原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2011年6月15日電気こんろ
【CR-1501】
発生場所 東京都
事故概要 当該製品の上に置いていた可燃物(電気ケトル)を焼損する火災が発生した。事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれていた可燃物(電気ケトル)に引火したものと考えられる。
関連情報 平成19年7月3日から事業者が共同してリコールを実施
2011年9月4日布団乾燥機
【AD-670】
(製造事業者 三菱電機ホーム機器株式会社)
発生場所 広島県
事故概要 当該製品を使用中、ブレーカーが作動したため確認すると、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生していた。調査の結果、
○当該製品は焼損が著しく、原形をとどめていなかった。
○残存していたヒーター部、内部配線、ファンモーター等の電装部品及び配線等に溶融等の出火の痕跡は認められなかった。
○本体内部の運転切換スイッチの端子、タイムスイッチの端子及び内部配線の一部が確認できなかった。
○電源コードは、途中で断線しており、断線位置から差込みプラグまでのコード及び差込みプラグは残存していなかったが、残存する電源コードに溶融痕等は認められなかった。
●当該製品は焼損が著しく、残存していた電気部品や内部配線等に溶融痕等の出火の痕跡は認められないが、一部確認できない部品等があることから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2011年3月6日電気冷蔵庫
【MR-2165H】
発生場所 東京都
事故概要 異臭がしたため確認すると、当該製品から発煙する火災が発生しており、当該製品及び周辺が焼損した。調査の結果、
○当該製品は、背面下部の機械室が焼損していた。
○機械室左横に取り付けられている電装箱上部の配線コネクターは、焼損が著しく、その上のドレンホースは焼失していた。
○配線コネクター内の2本の電源線は、配線被覆のカシメ部が溶融していた。
○その他の電気部品及び配線に、出火の痕跡は認められなかった。
○機械室の底面には、綿埃、布、煮干しの他にネズミの死骸が残っていた。
●当該製品は、機械室の配線コネクター部で短絡スパークが発生し、出火に至ったものと推定され、短絡原因については、小動物の尿の可能性も考えられるが、機械室の焼損が著しいことから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2011年2月23日除湿機
【MJ-50LD】
(製造事業者 三菱電機ホーム機器株式会社)
発生場所 新潟県
事故概要 当該製品を使用中、当該製品及び周辺が焼損し、2名が負傷する火災が発生した。
調査の結果、
○当該製品は約24年前に製造されたもので、洗濯物乾燥用としてほとんど毎日使用しており、事故時も使用中であった。
○当該製品のコードリール摺動部の摺動板に溶融痕が認められ、内側摺動板の溶融が著しい。また、摺動板を保持している樹脂製ケースに著しい焼損が認められた。
○当該製品の溶融した樹脂に衣類等の残留物が認められた。
○コードリール摺動部での接触不良及びトラッキング、更に本体に衣類等覆い被せた状態等、再現実験を事業者が実施したが、摺動板の溶融及び本体への延焼は再現できなかった。
●当該製品のコードリール摺動部の摺動板に溶融痕が認められることから、摺動部での接触不良等が生じて異常発熱し、コードリール摺動板の近傍から出火に至ったものと推定されるが、摺動板の溶融が著しく、さらに、溶融した樹脂に衣類等の残留物が認められ、事故時の使用状況が不明なことから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2011年2月3日電気式浴室換気乾燥暖房機
【V-100BZ4-YH】
発生場所 神奈川県
事故概要 当該製品を使用中、建物の電気が切れ、異臭がしたため確認すると、当該製品及
び周辺が焼損する火災が発生していた。
事故の原因は、当該製品の電源電線と屋内配線との工具による電線接続の圧着が
不十分であったことから、接触不良が生じて発熱し、出火に至ったものと考えら
れる。当該製品については、接続工事が不適切なために同様の事故が発生したこ
とを受けて、平成18年6月30日に経済産業省より点検等の要請を行い、当該
製造事業者の修理部門が平成18年12月16日に点検を行っていたが、作業員
の点検が不十分であったために事故が発生したものであった。
関連情報 ---
14ページ中7ページ目を表示
戻る … | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | … 次へ
▲ ページトップに戻る