宇宙システム総合サイト

人工衛星 通信・放送衛星 きく8号(ETS-[)

きく8号(ETS-[)

世界最高水準の3,000kg級大型静止衛星バス技術、13m級大型展開アンテナ技術、高精度時刻基準装置等の測位機器による衛星測位システム構築基盤技術、静止衛星による小型携帯端末の通信を可能とする移動体衛星通信技術、移動体衛星デジタルマルチメディア放送技術等、21世紀初頭に必要な技術を開発し、宇宙で実験・実証することを目的とした衛星です。
納入先 宇宙航空研究開発機構
打ち上げ時期 2006年12月18日 質量 2,800kg(打ち上げ時)
打ち上げロケット H-ⅡA 電力 7,500W
打ち上げ場所 種子島宇宙センター 設計寿命 10年
軌道 静止軌道 当社担当 プライムコントラクター

当ページで使用している画像の著作権は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に帰属します。無断での使用や転載を禁止致します。
▲ ページトップに戻る