このページの本文へジャンプ



三菱受配電設備三菱受配電設備

更新推奨時期・点検ポイント

三菱電機スイッチギヤの主要構成要素の更新推奨時期と点検ポイント及び保証について

更新推奨時期

受配電機器の更新推奨時期は、各機器の取扱説明書を参照ください。
取扱説明書に記載される更新推奨時期に交換されなかった場合、故障率が急激に上昇します。
更新推奨時期は、適切なインターバルで保守・点検が実施されていることを前提としています。また、回数と年数が併記されているものは、どちらかが先に達した時点が更新推奨時期となります。なお、更新推奨時期は、設計期待寿命であって、製品・機器・部品の寿命を保証するものではありませんので、経年時期に応じ補用品を保有する等のご検討をお願いします。

点検ポイント

その要素の寿命判定を狙いとしたチェックポイントであり、そのまま放置すれば、その要素の機能を失うのを防止する為の点検ポイントを示します。

主要構成要素 更新推奨時期
(年、回数)
点検ポイント
構成部分 要素名
箱体及び
機構部
外箱
(側板、扉、カバーを含む)
屋内形 30年
屋外形 25年
発錆
扉パッキング等 可動部 6年
固定部 15年
弾力性・亀裂
ハンドル機構 10,000回
30年
損傷
断路器機構 1,000回
20年
機構部の焼付き
機構部品の損耗
遮断器の
挿入、引出機構
200回 損傷
シャッター機構 200回 損傷
主回路導体 絶縁導体 30年 絶縁抵抗
コロナ放電痕
損傷
過熱による変色
絶縁支持板 30年
ジョイントボックス 30年 充填物異常
支持碍子
ブッシング
30年 絶縁抵抗
破損
絶縁電線 30年 絶縁抵抗・素線損傷
コロナ放電痕
フレキシブル
ジョイント
30年 素線損傷
過熱による変色
接続ボルト 30年 発錆
主回路機器 遮断器
(CB)
10,000回
20年
動作回数
遮断部の損耗
動作の安定性
  ダンパー 遮断器の取扱説明書記載を参照ください
負荷開閉器
(LCB)
200回
15年
動作回数
遮断部の損耗
動作の安定性
断路器
(DS)
1,000回
20年
動作回数
主接触子の損耗
動作の安定性
計器用変流器(CT)
零相変流器(ZCT)
15年 絶縁抵抗
計器用変圧器
(VT)
15年 絶縁抵抗
電力ヒューズ
(PF)
15年 溶断した場合は
原則全数取替
(予備品も劣化)
コンデンサ
(ZPD)
15年 ケース亀裂
容器膨張
碍子破損
避雷器(アレスタ) 15年 絶縁抵抗
破損
中性点接地抵抗器
(NGR)
30年 抵抗値
及び破損
電磁接触器
コンタクタ
15年 遮断部接点及び
消弧室損耗
動作の安定性
変圧器 20年 絶縁抵抗
進相コンデンサ 15年 絶縁抵抗
破損
リアクトル 20年 絶縁抵抗
制御回路機器 指示計器 7〜10年 指示不良(誤差大)
管理用計器 7〜10年 指示不良(誤差大)
表示灯 白熱球 2,000時間 断線
LED球 50,000時間 断線
ソケット 15年 損傷
押釦スイッチ 10,000回
15年
損傷・接点の損耗
切替スイッチ 10,000回
15年
損傷・接点の損耗
保護リレー 15年 特性変化・損傷
配線用遮断器
漏電遮断器
15年 動作の安定性
モールドの絶縁抵抗
コンタクタ 10年 損傷・接点の損耗
ヒューズ リンク 8年 不要溶断未然防止
ホルダ 15年 破損
ファン 10,000時間 ベアリングの摩耗
損傷
サーマルリレー 10年 特性変化
スペースヒータ 10,000時間 断線
照明灯 白熱灯 2,000時間 断線・損傷
蛍光灯 5,000時間 電極の消耗・損傷
ソケット 15年 損傷
マイクロスイッチ
(位置スイッチ)
3,000回
15年
動作
破損
端子台 30年 破損・ネジの損耗
制御線 30年 絶縁抵抗・被覆損傷
断線
コンセント 30年 破損・接触不良
補助リレー
タイマー
5〜10年 絶縁抵抗
動作チェック
コネクタ 20年 破損・接触状態
結束バンド
ナイロンクリップ
10年 破損
安定化電源装置
DC 24V/12V/5V
5年 表示不良
PLC電源ユニット 5年 表示不良
PLC CPU内蔵バッテリ 5年 表示不良
PLC メモリカード内蔵バッテリ 5年 表示不良
PLC CPUユニット
 DI/Oユニット
 データリンクユニット
 特殊機能ユニット
10年 表示不良
アナログ入力ユニット
アナログ出力ユニット
5年 表示不良

保証

保証期聞は、個別の契約で定めない限りは、引渡し後1年です。
保証期間中に当社側の責による故障や瑕疵が明らかになった場合、必要な交換部品の提供、または瑕疵部分の交換と修理を無償で行わせていただきます。
ただし、ここでの保証とは、当社製品の保証を意味するもので、当社製品の故障や瑕疵により誘発される損害については、この対象から除かれるものとします。
なお、保証期聞を超えた場合は、更新推奨期間以内であっても有償にて交換させていただきます。
また、故障原因のいかんに係わらず、原因調査・修理・交換・復旧も有償となります。