ここから本文

「ヘルスエアー®機能」搭載 循環ファン ヘルスエアー技術

ヘルスエアー

電界・放電空間を形成し、ウイルスや菌、花粉などを抑制する三菱の「ヘルスエアー® 」。空気中に浮遊するさまざまな物質を抑制します。

ヘルスエアーの原理

放電電極と対向電極に直流電圧を印加し、空間に電界・放電空間を形成します。放電電極はリボン形状を採用し、デバイス吸込み全域でカーテン状の電界・放電空間を形成します。形成した電界・放電空間を浮遊菌などが通過することで、菌などを抑制します。

ウイルス抑制

25m3密閉空間での試験結果

風量:12.6m3/min、65分後

  • 実際の使用空間での試験結果ではありません。

【試験機関】独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター臨床研究部ウィルスセンター
【試験方法】25m3の密閉空間にウィルスを噴霧し、一定時間後に試験空間内の空気を回収し、その中にいるウィルスをプラーク法で測定
【抑制方法】ヘルスエアー®内を通過
【対象】浮遊したウイルス
【試験結果】ヘルスエアー®稼働有無で65分で99%抑制(仙医ウ23-002号)。試験は1種類のウイルスで実施。

残存率

菌抑制

25m3密閉空間での試験結果

風量:12.6m3/min、115分後

  • 実際の使用空間での試験結果ではありません。

【試験機関】(一財)北里環境科学センター
【試験方法】25m3の密閉空間に菌を噴霧し、一定時間後に試験空間内の空気を回収し、その中にいる菌を測定
【抑制方法】ヘルスエアー®内を通過
【対象】浮遊した菌
【試験結果】ヘルスエアー®稼働有無で115分で99%抑制(北生発23-0311号)。試験は1種類の菌で実施。

残存率

花粉抑制

一過性での試験結果

風量:0.03m3/min

  • 実際の使用空間での試験結果ではありません。

【試験機関】ITEA株式会社東京環境アレルギー研究所
【試験方法】空中に浮遊させたアレル物質をヘルスエアー®通過後、サンドイッチELISA法で測定
【抑制方法】ヘルスエアー®内を通過
【対象】浮遊した花粉
【試験結果】ヘルスエアー®稼働有無での花粉抑制率98%(12M-PTMAY025)。試験は1種類の花粉で実施。

残存率