このページの本文へ

ここから本文

研究開発

ひとつの思想で、
すべてをつなぐ。

様々な分野でIoTシステムの活用が加速するなか、
分野によって求められる特性やシステムの
個性が異なり、
ひとつのプラットフォームで
全てに対応するのは困難になり始めています。
本当に必要なのは、さまざまな外部システムと
柔軟につながり、
必要なデータを自由に活用できる
オープンなプラットフォーム。
その実現のために私たちが定めた設計思想が、
『ClariSense』です。

私たちはこのClariSenseに基づき、
シームレスなIoT社会を実現します。

統合IoT「ClariSense」とは

FEATURES

特長01

幅広い分野で培ってきた
技術・知見を共有・活用し、
新たな価値の創造へ。

  • 当社が強みとする機器の知見や
    AI・セキュリティーなどの技術資産を、
    IoTシステム統一設計ガイドライン、
    ソリューションライブラリなどに統合
  • 「ClariSense」として一元的に整備・拡充
  • ソリューションライブラリの
    機能の組み合わせなどにより、
    付加価値の高い新たな製品や
    サービスの創出を加速

特長02

自由度の高い実装形態で、
機器・システムに応じた
ソリューションを提供します。

  • IoTシステムの構成と
    インターフェースのみを定義した
    IoTシステム統一設計ガイドラインにより、
    自由度のある実装形態
  • 機器やシステムの特性、
    用途に応じた
    最適なIoTシステム・ソリューションが開発可能

特長03

標準APIの採用により、
様々なシステムとの連携を
効率的に実現します。

  • 業界標準に準拠したAPIや
    通信プロトコルを採用することで、
    「ClariSense」に基づき開発したIoTシステムと
    グループ内外のシステムとの連携が容易
  • システム連携により、
    顧客との連携や事業分野をまたがる
    統合ソリューションを効率的に実現

事例

CASE STUDIES