快適はエアコンのセンサーに
おまかせ
センサー機能

バイタルセンサー

エモコアイ

バイタルセンサー「エモコアイ」が離れたところから脈を測り、キモチを推定します。

「エモコテック」がキモチを見つめて空気を整えます※1

※1:人の脈を非接触で計測しすることで脈から人の感情を推定し、温度や気流を制御。使用条件などにより効果は異なり、個人差があります。

世界初

空調機器において。室内にいる人の脈を非接触で計測することで、脈から人の感情を推定し、温度や気流を制御する技術。2023年2月17日発売。当社調べ。

emoco tech ムーブアイ(温度を測る) × エモコアイ(キモチを測る) emoco tech ムーブアイ(温度を測る) × エモコアイ(キモチを測る)

A.I.自動(くつろぎ)

温度の感じ方に合わせて気流を調整し、快適に。さらに、気持ちを測って、くつろげていないようであれば風あたりを調整して、くつろぎやすい空気を創り出します。
(「A.I.自動(くつろぎ)」設定時)

「A.I.自動」設定時 イメージ
フレッシュモード

シャキッとしやすいように室温を少し下げて運転します。気持ちを測って、キモチが緩んでいると判断すると風をあてて刺激を与えます。
(「フレッシュモード」設定時)

「フレッシュモード」設定時 イメージ
おまかせ A.I.自動

キモチを測って、くつろぎやすい空気を目指し、AIが風向を自動で調節します※2

(「A.I.自動(くつろぎ)」設定時)

三菱だけ

2024年2月2日現在、当社調べ。
国内家庭用エアコンにおいて

脈のゆらぎ方から、快・不快の感情を推定。

不快と判断した場合、風よけ運転などによりくつろぎやすい空気環境に調整することを試みる機能。使用条件により効果は異なり、個人差があります。くつろげることを保証するものではありません。

当社試験環境において、従来制御に加え、さらに暖房時約12.9%、冷房時約8.2%の人で効果を確認※2

「エモコアイ」で測った脈から、快・不快を推定。不快と推定した場合、風を大きくよける運転などでくつろぎやすい空気環境に調整します※2

夏の場合

「エモコアイ」で気持ちを推定 → 自動で気流を調節します

冬の場合

「エモコアイ」で気持ちを推定 → 自動で気流を調節します

「エモコアイ」は、室内機の直下近傍を見ることができません。使用環境・設置状況により正しく検知できないことがあります。

お部屋に複数人いる場合は、合成された脈のデータで気持ちを推定します。動いているものがある場合には影響を受けることがあります。

当社独自のアルゴリズムで気持ちを推定しています。

※2:MSZ-ZW4023S(MSZ-FZ4024S・MSZ-ZW4024S・MSZ-FD4024S・MSZ-ZD4024Sとエモコテック機能において同等機種)。「A.I.自動」設定時。当社環境試験室(16畳)において、外気温7℃・室温設定23℃、被験者58名に対し2回の試験を行い、のべ116人相当に評価を実施。従来の風向制御をした後、「エモコアイ」を搭載した新風向制御を加え、「エモコアイ」から出力されるくつろぎ度を確認。「エモコアイ」を搭載した新風向制御により、さらにくつろぎ度が向上した人が、のべ15人(約12.9%)(有意水準p<0.05で有意差を確認)。/MSZ-ZW4023S(MSZ-FZ4024S・MSZ-ZW4024S・MSZ-FD4024S・MSZ-ZD4024Sとエモコテック機能において同等機種)。「A.I.自動」設定時。当社環境試験室(16畳)において、外気温35℃・湿度70%・室温設定28℃、被験者77名に対し3回の試験を行い、のべ231人相当に評価を実施。従来の風向制御をした後、「エモコアイ」を搭載した新風向制御を加え、「エモコアイ」から出力されるくつろぎ度を確認。「エモコアイ」を搭載した新風向制御により、さらにくつろぎ度が向上した人が、のべ19人(約8.2%)(有意水準p<0.05で有意差を確認)。

快適が続くように、AIが室温の変化を先読みしてちょうどいい運転に切り替えます。

ボタンで切替え セレクト

キモチが緩んでいると判断すると、シャキッとしやすい空気を目指し、風向などを自動で調節します※3

(「フレッシュモード」設定時)

三菱だけ

2024年2月2日現在、当社調べ。
国内家庭用エアコンにおいて

脈のゆらぎ方などから脳の活動量の変化を解析し、脳の活動量が低下した場合をキモチが緩んでいると定義。

キモチが緩んでいると判断した場合、風あて運転でシャキッとしやすい空気環境に調整することを試みる機能。使用条件により、効果は異なり、個人差があります。効果を保証するものではありません。

当社試験環境において、暖房時約12.5%、冷房時約19.5%の人で効果を確認※3

まず、シャキッとしやすいよう室温を少し下げて運転します。さらに「エモコアイ」が、脈から脳の活動量を推定し、活動量が低下してキモチが緩んでいると判断すると、人に風をあてて刺激を与えます。

夏の場合

脳の活動量低下 → 冷風をあてて刺激を与えます

冬の場合

脳の活動量低下 → 温風をあてて刺激を与えます

「エモコアイ」は、室内機の直下近傍を見ることができません。使用環境・設置状況により正しく検知できないことがあります。

お部屋に複数人いる場合は、合成された脈のデータで気持ちを推定します。動いているものがある場合には影響を受けることがあります。

当社独自のアルゴリズムで気持ちを推定しています。

※3:MSZ-ZW4023S(MSZ-FZ4024S・MSZ-ZW4024S・MSZ-FD4024S・MSZ-ZD4024Sとエモコテック機能において同等機種)。「フレッシュモード」設定時。当社環境試験室(16畳)において、外気温7℃・設定温度23℃、被験者40名に対しタイピングタスク(30分)を従来制御と「フレッシュモード」でそれぞれ実施し、「エモコアイ」から出力される脳の活動レベルを確認。従来制御では、前半から後半で脳の活動レベルが低下した人が16人(約40.0%)。「フレッシュモード」では、前半から後半で脳の活動レベルが低下した人が11人(約27.5%)。従来制御と比較して、「フレッシュモード」で約12.5%の人に効果が認められた(約40.0%→約27.5%)(有意水準p<0.05で有意差を確認)。/MSZ-ZW4023S(MSZ-FZ4024S・MSZ-ZW4024S・MSZ-FD4024S・MSZ-ZD4024Sとエモコテック機能において同等機種)。「フレッシュモード」設定時。当社環境試験室(16畳)において、外気温35℃・湿度70%・室温設定28℃、被験者41名に対しタイピングタスク(30分)を従来制御と「フレッシュモード」でそれぞれ実施し、「エモコアイ」から出力される脳の活動レベルを確認。従来制御では、前半から後半で脳の活動レベルが低下した人が30人(約73.2%)。「フレッシュモード」では、前半から後半で脳の活動レベルが低下した人が22人(約53.7%)。従来制御と比較して、「フレッシュモード」で約19.5%の人に効果が認められた(約73.2%→約53.7%)(有意水準p<0.05で有意差を確認)。

「フレッシュモード」で「換気」機能※4を併用すると、汚れた空気と一緒にCO₂も排出して、シャキッとしやすい空気を創ります。また、「エモコアイ」が気持ちが緩んでいると判断すると、換気量※5を増やします。(「換気(自動)」設定時)

※4:「換気」機能のご使用には、別売部品のご購入と専用工事、リモコンでの設定が必要です。

換気の風量が増加すると換気の音も大きくなります。換気時の最大運転音は、室内機の最大運転音より1dB程度大きくなります。また、室温や湿度の変化が大きくなる可能性があります。

定期的な窓開け換気も併せて実施ください。

「換気」機能イメージ画像

換気ユニット(別売)据付時の注意事項

別売の換気ユニット 形名:MAC-700KB 希望小売価格(税込):22,000円のご購入と専用工事が必要です。

専用工事はエアコンの据付工事と同時に実施してください。
エアコン設置後に換気ユニットを据え付けることはできません。

換気ユニットは、外壁にネジ(現地手配)で固定した据付板を使用して据え付けます。

隠蔽配管には対応できません。

右後ろ直引きの場合は、既設配管を再利用できます。それ以外の場合は、既設配管を再利用できません。

換気ユニットのホースの長さが、所定の長さを超える場合は、別売の換気ユニット用延長ホース 形名:MAC-701KP 希望小売価格(税込):16,500円が必要です。「据付前の確認項目」について、くわしくはカタログをご覧ください。

換気ユニットのホースの長さが、室外機側で4m以上必要な場合は、換気ユニットを据え付けることができません。

※5:最大換気(排気)風量20㎥/h。JIS B 8330準拠。運転モード「強」。測定条件:右配管穴、外径φ32標準ホース使用、ホース長さ1. 45m、曲げ回数3回、大気開放状態において(室内・室外の気圧差がない環境)。ホースの長さを1m延長するごとに風量は8%低下、曲げ回数が1回増えるごとに風量は2%低下します。設置条件、お部屋での使用条件などにより風量が低下します。「換気」機能のみで建築基準法に定められた住宅の必要換気量をすべてまかなうものではありません。

赤外線センサー

ムーブアイmirA.I.+

「ムーブアイmirA.I.+」は、室内機の直下近傍を見ることができません。犬や猫などは検知しません。
人の動き・状態、室内の形状・広さなどにより正しく検知できないことがあります。

高精度赤外線センサーが、1人ひとりを見つめてそれぞれの快適を届けます。

人の居場所や動きを見つめて、快適を届けます。
不在を検知したらオフにします。
(「不在停止」設定時)

人の居場所や動き 不在 イメージ

1人ひとりの暑い・寒いの感覚を、手先・足先の
温度変化から見分けて※6吹き分けます。

温度変化 イメージ

※6:当社独自の指標で暑い・寒いという温度の感じ方を見分けます。体質を見分けるわけではありません。

それぞれのお部屋を見つめて、快適を届けます。

お部屋により冷え方・あたたまり方や湿気のこもり方は様々。だからエアコンが住宅性能※7を学習し、
お部屋にあわせた快適を創り出します。

お部屋にあわせた快適 イメージ お部屋にあわせた快適 イメージ

※7:室温に影響する性能(断熱性、気密性、広さを総合的に判断)を指します。

高精度赤外線センサーが360°センシングして死角になりがちなお部屋の隅の温度や、
室温に大きな影響を与える窓からの熱の侵入・流出(窓温度)も見つけます。

高精度赤外線センサー 360°センシング イメージ 高精度赤外線センサー 360°センシング イメージ

1日中快適が続くように、エアコンがちょうどいい運転に切り替え。

霧ヶ峰の節電

「ムーブアイmirA.I.+」が、体感温度や室温の変化を予測。冷やしすぎないように、あたためすぎないように、 運転モードやオン/オフ(スタンバイ)をムダのないタイミングで自動で切り替えます。

オフ(スタンバイ)中も、室温をはかるために、ムーブアイは動作します。また定期的に送風を行います。長時間使用しないときはリモコンで停止してください。

夏の場合

暑くなる前に冷房 ムシムシする前に除湿 夕暮れなどは爽風(送風) 最小消費電力14W 暑くなる前に冷房 ムシムシする前に除湿 夕暮れなどは爽風(送風) 最小消費電力14W

「爽風」運転時。MSZ-FZ4024Sにおいて。MSZ-ZW4024S・FD4024S・ZD4024Sは15W。

涼しくなったらオフ(スタンバイ)消費電力4W 涼しくなったらオフ(スタンバイ)消費電力4W

MSZ-FZ6324S・ZW4024S・FD4024S・ZD4024Sにおいて。

冬の場合

寒くなる前に風あて(暖房) あたたまりすぎる前に風よけ(暖房) あたたかい空気がたまったらサーキュレーター 最小消費電力14W 寒くなる前に風あて(暖房) あたたまりすぎる前に風よけ(暖房) あたたかい空気がたまったらサーキュレーター 最小消費電力14W

「サーキュレーター」運転時。MSZ-FZ4024Sにおいて。MSZ-ZW4024S・FD4024S・ZD4024Sは15W。

あたたかくなったらオフ(スタンバイ)消費電力4W あたたかくなったらオフ(スタンバイ)消費電力4W

MSZ-FZ6324S・ZW4024S・FD4024S・ZD4024Sにおいて。

省エネの秘密 省エネの秘密

室温の変化を先読みして、運転の強さを調節。

エアコンを使っていて快適と思っていても、いつの間にかちょっと肌寒く感じることも。それは、外気温の変化などによる室温の変化に、エアコンが後から対応をしていたから。「ムーブアイmirA.I.+」が室温の変化を予測して、「暑い」「寒いを」感じる前に運転の強さを調節します。

夏の場合

「お部屋の温度が上がりそう」と予測したら、冷房を自動で強めます。 「お部屋の温度が下がりそう」と予測したら、冷房を自動で弱めます。 「お部屋の温度が上がりそう」と予測したら、冷房を自動で強めます。 「お部屋の温度が下がりそう」と予測したら、冷房を自動で弱めます。

冬の場合

「お部屋の温度が下がりそう」と予測したら、暖房を自動で強めます。 「お部屋の温度が上がりそう」と予測したら、暖房を自動で弱めます。 「お部屋の温度が下がりそう」と予測したら、暖房を自動で強めます。 「お部屋の温度が上がりそう」と予測したら、暖房を自動で弱めます。

家具や間取りのことも考えて、人がいる場所にエアコンが効率良く快適を届けます。

「ムーブアイmirA.I.+」が家族の居場所にあわせて、左右に風を吹き分け、
それぞれ同時に快適を届けます。
また家具のレイアウトや間取りでせっかくの気流がさえぎられてしまう場合は、気流が届くルートを自動で探し出します。

囲まれたエリアなど、障害物により風が届かない場合もあります。

三菱だけ

2024年2月2日現在、当社調べ。国内家庭用エアコンにおいて

世界初

2019年11月1日発売のFZシリーズより搭載、当社調べ。家庭用エアコンにおいて。部屋の中を360°センシングして、温風・冷風が接する床・家具などの温度変化から流れと強さを推測する技術

夏の場合

夏の場合 イメージ

冬の場合

冬の場合 イメージ

人工衛星「だいち2号」にも搭載された赤外線センサー技術を活用。 人工衛星「だいち2号」にも搭載された赤外線センサー技術を活用。

ムーブアイ極

「ムーブアイ極」は、室内機の直下近傍を見ることができません。犬や猫などは検知しません。
人の動き・状態、室内の形状・広さなどにより正しく検知できないことがあります。

「ムーブアイ極」が、体の部位まで見分けて快適に。(「体感」設定時)

赤外線センサー「ムーブアイ極」が、床・天井・壁などの温度、人の位置、手先・足先などの部位を含む体の温度変化を0.1℃単位で測定し、快適な風を届けます。

ムーブアイ極 センシングイメージ ムーブアイ極 センシングイメージ

ムーブアイ

「ムーブアイ」は、室内機の直下近傍を見ることができません。犬や猫などは検知しません。
人の動き・状態、室内の形状・広さなどにより正しく検知できないことがあります。

赤外線センサー「ムーブアイ」が、床や壁などの温度から体感温度を測り、人の位置も見て
冷やしすぎない、あたためすぎない快適な空調を実現します。(「体感」設定時)

ムーブアイ センシングイメージ ムーブアイ センシングイメージ

フロアアイ

「フロアアイ」は、室内機の直下近傍を見ることができません。
室内の形状・広さなどにより正しく検知できないことがあります。

床温度センサー「フロアアイ」が、赤外線でお部屋の床温度を測るから、人の近くの温度が分かります。

フロアアイ

2温度2気流

2024年2月2日現在、当社調べ。国内家庭用エアコンにおいて

2024年2月2日現在、当社調べ。国内家庭用エアコンにおいて

2つのファンで2つの温度の気流をつくるから、暑がりさんも寒がりさんも快適にします。

その人の温度の感じ方を高精度赤外線センサー「ムーブアイmirA.I.+」が見極めて、左右独立駆動の
2つのファンが、暑がりさん、寒がりさんにそれぞれ強い風、弱い風を吹き分けます。

当社独自の指標で暑い・寒いという感じ方の違いを見分けます。体質を見分けるわけではありません。

夏の場合
冬の場合

さらに、手前と奥で温度の感じ方が異なるL字型の
リビングでも、ファンの回転数を変えることで強い
風と弱い風を同時に作るので、それぞれのお部屋に
ぴったりな気流をお届けします。

2温度2気流

左右とも同じ強い風だと手前が
暑くなりすぎてしまいます。

自動風あて・風よけ

「風あて」/「風よけ」で2人同時に快適にします。(「A.I.自動」設定時)

暑いと感じている人、寒いと感じている人それぞれの温冷感にあわせて、エアコンが自動で「風あて」と「風よけ」を切り替えます。

当社独自の指標で暑い・寒いという感じ方の違いを見分けます。体質を見分けるわけではありません。

夏の場合
冬の場合

当社独自の指標で暑い・寒いという感じ方の違いを見分けます。体質を見分けるわけではありません。

2か所同時空調

左右2つのフラップで2か所同時に快適を届けます。

左右に分かれたフラップをそれぞれ独立で制御し、お部屋の隅々までしっかりと冷風・温風を届けます。
赤外線センサーが人を見つけて、人のいるエリアを中心に効率的に空調。

2か所同時空調 2か所同時空調

その他の機能はこちら

うる肌気流

センサーが人の位置を見て直接風をあてず、お肌の乾燥を抑制。さらにナノレベルの「ピュアミスト」が角質層に浸透し、お肌にうるおいを与えます。

当社独自の条件にて評価。美肌・美髪効果は、環境
〈室温・室内湿度・使用時間〉、個人により異なります。

うる肌気流

保湿風よけ

センサーが人の位置を見て直接風をあてず、お肌の乾燥を防ぎます。

ハイパワー

「ハイパワー」運転で早く涼しくしたり、あたためたりします。

すばやく冷やしたりあたためたりします。暖房時は、一時的に最大能力で運転を行います。

自然風

自然の心地よい風のゆらぎを再現し、全身をまんべんなく涼しくします。

ページトップに戻る