このページの本文へ

ここから本文

100 years of innovation 三菱電機の伝記

グローバル化の第一歩
(1923年)

image

当時、三菱電機は電気機器の国産化の波に乗るべく、海外メーカーとの技術提携が急務でした。度重なる交渉の末、米国・ウェスチングハウス社と技術提携することに。現地に駐在員を派遣し、研究開発から製造技術に至るまで積極的に学びました。

その努力もあって、技術力は飛躍的に向上。エレベーター、タービンなど後に三菱電機を代表する事業となる製品を世に送り出したのです。

ページトップへ戻る